更新日 (投稿日

【GitHub】アカウント作成する

サムネイル_GitHubアカウントの作成

さてさて、今回は GitHub のアカウントを作成していきます。

前回は SourceTree のインストールをしたんですが、この GitHub を簡単に使うための下準備だったわけですね。

といっても、今回はアカウント作成の備忘録になるので、SourceTree が出てくるのは少し先になりそうです。

GitHubのアカウント作成

アカウント作成
アカウント作成

アカウント作るだけなのでチャッチャと進めます。

GitHubのサイトにアクセス

GitHubで検索すると「https://github.co.jp」と「https://github.com」の2種類があり、前者は日本語 GitHub かと思いきや、結局どちらから登録しても英語の GitHub サービス(.com )になっちゃうようですね。

そんなわけでどちらでも良さそうなんですが、今回は「https://github.com」の方からアカウント作成していきます。

アカウント情報の入力

サインアップ
サインアップ

アカウント登録に必要な情報を入力して、「Sign up」ボタンを押します。

アカウントの確認(Botチェック)

Botチェック
Botチェック

画面の指示に従います。よくある「ちゃんと人が操作してるんですよね?」チェックです。

実は難しいパズル…
実は難しいパズル…

上下の絵合わせでしたが、なんのシルエットかがわからず地味に苦戦しました…

確認完了
確認完了

これで確認完了。

Wlcome to GitHub

アンケート
アンケート

これはアンケート的なものですね。

上から、「お仕事は?」、「プログラミングの経験は?」、「GitHubの用途は?」、「興味があるもの教えてね」的な質問が並んでます。

適当に回答して「Compete setup」ボタンを押します。

メールアドレスの確認

確認メールの送信
確認メールの送信

ここで登録したメールアドレスに確認メールが送信されます。

確認メール
確認メール

こんなメールが送られてくるので、「Verify email address」を押します。

What do you want to do first?

初めにしたいこと?
初めにしたいこと?

Webページに移り、まず何がしたいか聞かれますので、「Start a new project」を選択します。

リポジトリの作成

リポジトリの作成
リポジトリの作成

リポジトリの作成画面になるので、リポジトリ名を入力し、公開範囲は Private を選んで「Create repository」を押します。

リポジトリの完成!

リポジトリの完成
リポジトリの完成

これでまっさらなリポジトリの完成です!

Ads

さいごに

今回は、アカウントを取得して新しいリポジトリを作成してみました。

プル(pull)やコミット(commit)といった、GitHubらしい機能を使うまではもう少しかかりますが、今回は一旦ここまで。

ということでまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)