更新日 (投稿日

【SourceTree + GitHub】クローンする

サムネイル_SourceTreeからのクローン

前回は GitHub に、新たなリポジトリを作成しましたんで、今回はいよいよ SourceTree からの「クローン」をやってみます。

SourceTree を使った GitHub リポジトリのクローン

リポジトリのクローン
リポジトリのクローン

では早速、前回作成したGitHub上のリポジトリをクローンしてみます。

リポジトリのURLを確認

前回アカウントを作成した GitHub のサイトを開き、ログインする。

GitHubでリポジトリを表示
GitHubでリポジトリを表示

ログイン直後の画面の左側に、そのアカウントで扱えるリポジトリが表示される。

今回の場合、前回作成したリポジトリのリンクが表示されてるので、それを開く。

リポジトリのURL
リポジトリのURL

リポジトリのURLをコピーする。

SouceTree からリポジトリをクローン

続いて SourceTree を起動します。

…ん?

ショートカットが無い!?

WIndows のメニューを隅々探したけど、無い(´・ω・)

どゆこと??

原因わからずですが、上のリンク先の情報から起動ファイルは見つけました。

"C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\SourceTree\SourceTree.exe"

というわけで起動。

SourceTreeからクローン
SourceTreeからクローン

起動したら Clone をクリックする。

Clone の設定
Clone の設定

先程コピーしたリポジトリのURLと、リポジトリにあるファイル類を保存する場所をそれぞれ入力します。

GitHub のアカウント認証
GitHub のアカウント認証

すると、GitHub のアカウント情報を求められるので入力。

資格情報は?
資格情報は?

続いて資格情報を聞かれますが、ここでは <no helper> を選び先へ。

Clone の設定
Clone の設定

すると、この画面に戻るので、下にあるクローンボタンを押してクローンを開始します。

といっても、作ったばかりのリポジトリなので何も得られないんですけどね。(´・ω・)

クローンが出来ましたー!
クローンが出来ましたー!

そんなわけで、こんな画面になればクローン完了です。

Ads

さいごに

ちょっとずつペースですが、今回は SourceTree を使ったクローンをやってみました。

次回は、SourceTreeを使い GitHub上に新規ファイルの登録(Add+push)あたりをやろうかなと思います。

ではまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)